効率的に作業できる?必要最低限のソフトウェア構成!

法人向けパソコンの一般向けと違う特徴とは!

法人向けパソコンには、一般家庭用のパソコンとは違う様々な特徴があります。その1つに、耐久性に優れているという点があります。法人向けパソコンは、長時間にわたるデータの処理や、低音の環境などの過酷な現場で酷使されることが多々あります。そういったありとあらゆる環境下にも耐えられるように、頑丈で、故障しにくいつくりになっています。

さらに、法人向けパソコンは、サポート体制が充実しています。特に業務においてパソコンを利用する比重が高い分野では、パソコンの不具合というのは致命的になりかねません。そうした業務に支障をきたさぬよう、万全のサポート体制が敷かれているのです。そして法人向けパソコンの最大の特徴の1つに、必要最小限のソフトウェアしかインストールされていないという特徴があります。

なぜ必要最低限のソフトウェアしか入っていないの?

では、なぜそのような特徴があるのでしょうか。法人向けパソコンは、使用される分野により、必要なソフトウェアが大幅に違ってきます。例えば、顧客の住所などのパーソナルデータを大量に取り扱う分野であれば、データ管理ソフトやセキュリティ強化のためのソフトウェア、建築の分野であればCADなどの設計に使用するソフトウェアなど、分野によって全く別のソフトウェアを必要とします。

ですので、一般家庭向きの動画再生ソフトウェアなど、業務を効率的に行うため、不要なソフトウェアでハードディスクの容量を圧迫しないようにそのような特徴を持っています。業務をスムーズに進めるためにも、インストールするソフトウェアは、極力最小限にするようにしましょう。

© Copyright Corporate Computer Solutions. All Rights Reserved.